FC2ブログ
プロフィール

t・n・d

Author:t・n・d
絵日記・・・
だったはずなんだけどなぁ・・・
アルビレックス応援してます!
プロフィール見てください><

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

09 | 2019/10 | 11
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
NO TITLEは小原由梨愛選手を応援しております><
いろいろ
最近書いてなかったですけど、いろいろ読みました。

まずは、「沈黙のフライバイ」
沈黙のフライバイ (ハヤカワ文庫JA)沈黙のフライバイ (ハヤカワ文庫JA)
(2007/02)
野尻 抱介

商品詳細を見る


本屋のかわいいポップに惹かれて買おうと思った作品。

買おうと思ったら、本屋から消えていて、タイトルとかも
覚えていなくて、ネットで検索してもうろ覚えなので
見つからなくて本当に困っておりました。

でも奇跡って起こるんですね。なんかよくわかんないけど、
これだったかなって作品を見つけまして、それをツイッターで
検索したら、私と同じようにかわいいポップに惹かれた人の
ツイートを発見して、自身が確信に変わりました。

そして、購入。難しかった・・・何か専門知識がないと
理解できないお話がいくつか・・・。

でもよくわかんなくても理解できるお話もいくつか・・・。
宇宙すきなひとにはオススメ!

続いて、ビブリアこ古書堂シリーズ。
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
(2011/10/25)
三上 延

商品詳細を見る


前々から気になっておりまして、せっかくなので買ってみました。

こちらは実在する本の話を題材にしたミステリー小説。
文学少女を彷彿させる作品でしたが、文学少女より私は好きです。
文学少女は途中で読むのやめちゃったしね・・・。

この本を読んでから、古本も悪くはないかなーって思うようになりました。

新刊がもすぐ出るらしいので楽しみです。

あと、森見さんのきつねのはなし

きつねのはなし (新潮文庫)きつねのはなし (新潮文庫)
(2009/06/27)
森見 登美彦

商品詳細を見る


森見さんの作品なのになんか全然笑えるとこがないんです。
怖い作品。宵山万華鏡の怖いお話みたいな雰囲気です。

うーん。やっぱり森見さんの作品は笑えるやつの方が好きだなぁ
と思いました・・・。
スポンサーサイト



【2012/04/24 23:23】 | |
| ホーム |
twitter

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード