プロフィール

t・n・d

Author:t・n・d
絵日記・・・
だったはずなんだけどなぁ・・・
アルビレックス応援してます!
プロフィール見てください><

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
NO TITLEは小原由梨愛選手を応援しております><
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
読書のお盆
お盆休みでやることないので、
本をたくさん読んでる気がします。

何を読んだかといいますと、

まずは、「聖なる怠け者の冒険」

聖なる怠け者の冒険聖なる怠け者の冒険
(2013/05/21)
森見 登美彦

商品詳細を見る


森見さんの新作です。
森見さんの作品らしいです。

宵山の1日を楽しくおかしく描いた作品。
この本を読むと、京都に行きたくなる!宵山に行きたくなる!
そんな作品。

宵山と狸が出てくる作品なので、「有頂天家族」と
「宵山万華鏡」とちょっとした繋がりがあるとかないとか。

「有頂天家族」は読んだことないので読んでみたいな。

次は、ビブリア古書堂の4巻

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)
(2013/02/22)
三上 延

商品詳細を見る


だいぶ前に買っていましたが、ようやく読みました。
シリーズの中で、一番面白かったです。

今作は江戸川乱歩についての長編でした。
いろんな謎が解け始めてきた第4巻でした。

3つ目は、「学校の怪談」

学校の怪談 (集英社文庫)学校の怪談 (集英社文庫)
(1995/05/19)
岡崎 弘明

商品詳細を見る


昔、映画化された作品を小説に書き下ろしたものです。
発売も1995年のものらしいです。

表紙を見ると、そんなに怖そうな作品じゃなさそう
なんですけどね。

内容も映画を見るよりは怖くないかなとか。
映画の内容もうろ覚えですが、小説と映画では、内容が
多少異なっているような気も。

感動できるシーンもあって涙が出てきてしまいます;;
怖いシーンだけじゃないので素敵。

4つ目は「金曜のバカ」

金曜のバカ (角川文庫)金曜のバカ (角川文庫)
(2012/11/22)
越谷 オサム

商品詳細を見る


表紙を「日常」を描いている人が描いているっぽいですね。
それに惹かれて買いました

「陽だまりの彼女」を書いた人の作品です。
陽だまりの彼女とは異なり、長編ではなく短編集なのです。

正直あまり納得がいかなかった「陽だまりの彼女」より、
こっちの作品のほうが私は好きです。

「僕の愉しみ 彼女のたしなみ」がオススメ!
その他の話しもすべて面白いですよ!!

ちなみに恋愛小説なので、壁殴りたくなるシーンも。
陽だまりの彼女ほどいちゃいちゃはしません!!
スポンサーサイト
【2013/08/17 16:23】 | |
| ホーム |
twitter

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。